2010年12月19日

とりとめのないこと

録音があって、疲れたから、今日ブログを書くって決めた。


小さい頃、ピアノの先生に言われたこと。
教えることに関わり出したいま、
思い返して考えることが多い。

あのとき先生が言った言葉は、
どういう意味だったんだろう。

いまあなたはまだ小さくて、できることは限られてる。
ぎりぎりまで拡げでも、小さい、その枠のなかで弾いてる。
でもね、同じことしかできなくても、
その枠を一度取り払ってみて、
限りない大きなものを想像して欲しいんだ。
いまはよくわからないだろうけど、いつかきっとわかるはず。


こういった意味のことを言ってた。
ときどき憶い出す。
なんだかよくわからなかったけど妙に印象的だった。


ピアノの独奏曲を弾くってだけの世界から
ちょっと飛び出すことってなにがあるだろう。

ちょっとしたメロディをつくったり、
ピアノと関係ない曲を自分の指で弾いてみたり、
それを変奏してみたり、
作曲家と同じ時代の小説を読んでみたり、
演奏表現を言葉にしてみようと喘いだり、、、そういうこともあるかな。


ちょっと飛び出した世界で得られた数々の経験は、
自分の身体や精神のなかで有機的なつながりを生み、
いつか何かの形で外に出る。

それを自覚できたときは、楽しい。
この楽しさが音楽に携わる自分にとってのおおきな収穫。
自覚できないところでのつながりも、きっとある。

楽譜ってモノが、切り取られた断片に過ぎなくて、
これだけじゃなにもわからない気がすることがある。
そうかと思えば、楽譜を見るだけで、
どんどん想像が膨らむこともある。
これは、わたしのなかでの、何かの経験が活きているんだよね。

まず、このような、
一人の人間のなかでのつながり。

それがまた、
このジャンルの音楽にかかわる人々のコミュニティ全体に
当てはめることが可能じゃないか…とか。
で、そこで新しい価値が生まれるとして、
その価値判断をするのは?
とか最近ぐるぐる考えている。

もうちょっと整理しなきゃ。
posted by whitedaydreams at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

レクリエーション

−−二つの道で迷っていたけど、結局どちらでもない道に進むことにした


まぁ、なにごとも他人と同じ道を選びたくないタイプみたいなので、これで良い気がします。


さて。
なんだか最近「チェルニー」って文字やら肖像画やらをよくお見かけするのですが、なぜだろう(笑)。

院部屋にはなぜかチェルニーのソナチネのペーター版なんていうなかなか見かけないものがあって、それを見つけた人は「チェルニーってソナチネ書いてたんだ!」って驚きの言葉を発するのですが(ソナタ書いてるのにね。)、さらによく見ていたら、"100 Erholungen" ってものがありました。
英語のタイトルはrecreationって書いてあって、文字通りレクレーション。気晴らし。

はじめの方は、キラキラ星もどきのようなハ長調の旋律がいくつも載っている…と思うと、
「キラキラ星」もちゃんと登場。
しばらく捲っていくとオペラのアリアやヨーロッパの国々の国歌などがいくつも載っていました。
こういった「こども用の曲集」は19世紀に多く出版されていた様。
子どもたちが「知ってる、知ってる!!」って言って楽しみながら、オペラのアリアを弾いていたのかなるんるん

"Erholungen" でググッてみると、なにやらこの曲集の曲を含め、チェルニーの練習曲などをいくつも抜粋して並び替えて、曲集にしたものが日本で出版されています。
私が小さい頃つかっていた「こどものチェルニー」の新版みたいです。
ただ、そのなかには、どうやら、オペラの原題を外してしまって、勝手に編集者が適当な題名を付けているものがあるみたいです。。うーん。
これじゃ、小さい子がオペラに興味を持つことができなくなってしまうし、なによりチェルニー作曲じゃないのにチェルニー作曲みたいに見えてしまうことは問題じゃないかしら。

と、おもっていたら、全音からちゃんと出版されていましたひらめき

ツェルニー 初歩者のためのレクリエーション 解説付 [楽譜] / 全音楽譜出版社出版部 (著)...

さすが全音。

全音版は中身を見たことがないのでわからないけれど、ペーター版はたまに「プレリュード」と称した音階の練習みたいなものが挿入されていました。
調を替えるときには、音階などを弾く習慣があったのかな。

さてさて、チェルニーのおすすめの曲などありましたら、教えてください。
posted by whitedaydreams at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。