2011年01月29日

大切なものは目に見えない?

「これだけたくさんの音大がなぜあるの?必要なくない?」
って意見には賛同できない。

なぜなら、たしかに早期教育が活きる分野ではあるけれど、
大学に入ってから、ぐーんと伸びる人も稀にいると思う。
それから、どこの音大にいたって、本気で音楽に取り組んでいる人はいると思うし、
審査する先生方の審査基準と合致しない美的感覚を持ち合わせた人もいるであろう。

ただ、先生方が呆れてしまうのは、モチベーションの低い学生かな。
楽器を操る技術が足りないのなら、教えることができる。
音感もきっと、鍛えることができる。
ただ「音楽がしたい」って気持ちがない人には、
どう教えたら良いのかわからないのが事実だろう。

そういった生徒を持つ教師に求められるのは、
まず、音楽の魅力を伝えることじゃないか、と思う。
なにかのきっかけで突然やる気になるかもしれない。
忍耐が必要で、教師が頑張ったって無理なこともあるだろうけれど。
魅力を伝えるのは本当はきっと楽しいこと。

私は、音大生とアマチュア楽器弾きのあいだに線を引く必要性は
もはやあまりないような気がする。
「親の金つかって音楽の勉強してるんだろ!」って言うけれど、
「がんばりゃ金になる」世界でもないし。
「勉強もできないし、とりあえずいままでお金かけてきた音楽で大学に」
って人がいるのも事実。

教師がいかにモチベーションを保っていけるか。

私は、自分が少しでも教えた人たちが、
プロとして働かなくても、演奏活動ができなくても、
少しでも音楽に関わるコミュニティ全体を支える力になればいいのでは?と思ってる。

実際、聴衆のなかには、少しでも演奏のできる人が多い。
(弾かない人もいて、それはとても有り難いことなんだけど!)
そういう「弾ける」人たちが音楽に関わるコミュニティの力になっている。
そういった人たちに、ほんとうの音楽の魅力の切れ端でも、
少しでも伝えることができれば!
たとえ弾く力がそれほど伸びなくても、聴く力が育ち、
聴衆としてこれからの音楽を支える大きな力になるのではないかと思う。
(ひょっとすると、「書く」方とかまた全然思いもしない方向に行く人もいるかも。)

アマチュアの音楽家と触れ合うときにも一緒。
本当の音楽をなるべく伝えたい。
「演奏が人前でできればアマチュアの人は楽しいんだから」とか言って、
専門の人とは違うと線を引くの、私は嫌い。

いつでも本当の音楽を伝える努力を厭わないようにしたい。
当たり前だけど、音楽は「つくる」側だけのものではない。続きを読む
posted by whitedaydreams at 23:26| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

楽譜の力

−−−もう授業期間は終わり


音源が手に入らない曲が、スコア・リーディングのクラスの課題として出てるみたい。
CDなどが出てなくても「この曲好き」って言えるのが、
スコア・リーディングをすることの醍醐味かも知れない。

楽譜だけでも、音楽は存在してる…はず。

いま私の頭のなかでがんがん鳴ってる曲は、たぶんCDなどが出ていない曲。
ピアノ1台をひとりで演奏できる範囲は、技術的に限られるけれど、
頭のなかならそういった制限はない。
色んな楽器の音色を鳴らすこともできる。

想像を膨らませた上で、ぜひとも音にしなくては、とも思う。

ジョゼフ・ヴィエニアフスキ(ヘンリクの弟)のトリオの第2楽章。
耳から離れない。不思議。
ちゃんと音にしたい。

さて、話は飛んで、音符カードの紹介。
ともだちかーど―楽しい音楽導入教材 [単行本] / 石丸 由理 (編集); ドレミ楽譜出版社 (刊)
音符の長さがちゃんと表されてて、裏は休符になってます。
付点四分音符はぴったり八分音符の三倍の長さ。
お値段もお手頃なので買ってしまいました。
ちびっこ軍団を教えるときに、役に立ちそう。
posted by whitedaydreams at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

楽典

楽典。

音楽高校や音楽大学の入試にあって、
授業にはない科目。
「音楽」の「楽」だけとったんだろうなぁ…。

いろんな学校の調判定の過去問を見たり、
楽典の本に書いてある「調判定の解き方」を見たりしていると、
(入試のための)楽典として特化した部分が、
不自然に思えてきます。

どうせなら、芸大和声の1巻とかを課題にすれば良いのに。

でも、楽典の本を読むのは好き。
問題点もあるとは思うけれど、最近はこの本が主流の様です。

新版 楽典―音楽家を志す人のための [単行本] / 菊池 有恒 (著); 音楽之友社 (刊)


心が弱くなったとき、
人は誰かに頼ったりもするけれど、
頼れるのはやっぱり自分自身。

受験に笑い、受験に泣いた自分が、
他人の受験のお世話をするようになったのが、
なんか不思議な気がする。
私と同じくらいの世代の人たちが、
受験生を教えたりするような時代になりました。

人の有り難さや、環境に恵まれてることに気付くのは、
厳しい局面を通り越して、少し経ってからなんだと思う。続きを読む
posted by whitedaydreams at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。