2009年10月29日

芸術

大それたタイトル(笑


「芸術」って言われると、私はまず「美術」と「音楽」を思い浮かべる。
まぁ、芸大にその2つがあるからかな。
でも、外国の芸術大学には「ダンス」もある。

「文芸」って言葉もあるし、「詩」や「小説」も「芸術」かな。
何らかの「表現」をするものが「芸術」と考えていいのかも。


最近考えてるのは、ひょっとすると「音楽と美術」よりも「音楽と文学」の方が近いのかも知れないってこと。
どちらからも、影響を受け合っているけれども、美術と音楽って近いようで遠い気がする。

見えるものと聴こえるもの。

「ロマン派」とか「象徴派」とかいう言葉は、美術から音楽に流れてる(んだったと思う。確か。)
でも、その課程でだいぶ離れてる気がする。
気がするってだけなんだけども。

「音楽」は「時間芸術」って言われる。

「詩」や「小説」って、まぁ、普通は前から読むものだよね。
そのなかに、「時間」が存在してる。
「繰り返し」とか起こる。

「詩」には「音楽」が付けられる。
リズムがある。


ここまで書いて、何が言いたいかっていうと、

音楽する人って、文学する人と、関わりを持った方がいいんじゃないか?

ってこと。
なんか、昔は交流があったんだよねぇ、たしか。
posted by whitedaydreams at 22:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感じてらっしゃることを、もう少し詳しく!って感じ…分かるような分からないような(笑)あ、もちろん読者向けの文章じゃないことは理解してるんで、お気になさらずに(汗)

最近はあんまり芸術に触れられてないです。音も字も絵も。。。
Posted by ハクビシン at 2009年10月29日 23:55
確かにそうです。
眠いまんま書いちゃいました。。

「これが芸術だ」なんて考えなければ知らないうちにいろんなとこで触れてると思います。
Posted by れもん at 2009年10月30日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。