2010年09月27日

演奏会を終えて

スペクトリオ第4回コンサート。
来ていただいた方、どうもありがとうございました!
残念ながら予定が合わなくて応援していただいた方もありがとうございます。

忘れないうちに感想書いとこ。

とにかく、一番弾いて良かったと思ったのは、
「ラコンブいいですね。」とか「ラコンブ、なんかいい!」
って感想をもらえたこと。
なかなかそんな会話しないから…(笑
その空間を共にできたことの喜びるんるん

チラシ配るときとかに、「ラコンブって作曲家は知らない」って何度も聞きました。
「あまり知られてないので知ってる人がいる方がビックリなので…」って説明するものの、
「あまり知られてない」を強調すること自体が作曲家に悪いかも?とか思いだして、
どう説明すれば良いのか迷ってたんだけど、
いざ弾いてしまえば(こっちのモノ!じゃなくて…あせあせ(飛び散る汗)
聴いた人は皆、自分の感想を持つことができる。
良い感想も悪い感想も。
それでこれからは知らないなんて言わなくてすむハートたち(複数ハート)

私は「楽譜さえあればそこに音楽は存在する」と思ってるんだけど、
それでも、演奏することの意義を感じられた瞬間でした。


それから他の曲もね…(笑

フォレが!!
う〜ん…もうちょっとできたよな…というのが正直な感想。
トリオとして洗練した書法。
自分でトリオを書こうと思ったときに、かじり付いて見たのがこの曲。
ピアノと弦楽器のバランスが本当にシンプルで対等な感じがするのです。
結構ながく弾いているのに、まだまだ勉強しなきゃ、、というか、
いつまで経っても付き合っていきたい曲です。

ラヴェルのボレロは楽しんでいただけたのだろうか?
私の頭のなかに鳴ってるのは完全にオーケストラ。
さて、聴いてる人はなにを聴いていたのか?(って変な表現だけど。)
とにかく楽しんでいただけのだったらいいな〜。


トリオ(主にロマン派以降)って大きく2つにわけられると思う。
シンフォニックなものと、ソロが3人合わさったようなもの。

ラコンブは前者で、フォレは後者。

ラコンブにもソリスティックな部分は多々あるんだけど。
シンフォニックなものっていうのは、
弦楽器のパートに、オケパートの弦楽器の部分みたいな箇所があったり、
ピアノがオーケストラの代わりっぽかったりする。
ピアノがトレモロ弾いてたり、弦楽器は一人で何人分も弾いてたり。
スメタナのトリオとか代表的かな。

ソロが3人合わさったという意味で、フォレはその最たるものだと思ってる。
そして、こういう曲に出会えるのもトリオの醍醐味。
4人だとそうはいかない。
4人揃うと、ちょっとシステマティックになるんだよね。
音程の調整できる弦楽器2人、平均律の楽器が1人、というバランスがちょうどいいんだと思う。

そんなこんなで、トリオをやってると、室内楽的とか交響的とかって何だろう?なんて
素朴な疑問にも向き合えたりします。

さて、まとめどころがわからなくなってしまったけど、
これからもスペクトリオは頑張っていきたいと思います。

来ていただいた方、手伝っていただいた方に感謝。
会場の方にもとても良くしていただきました。
そして、共演してくれた2人、どうもありがとう!!

レポートみたいになってしまったプログラム解説。
読んでいただけたのかしら…(笑

トリオのブログにあげよっかな〜。


まとめは………サンドイッチ美味しかったです手(チョキ)
posted by whitedaydreams at 22:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。