2010年10月26日

ピアノはいつピアノになったか?

最近、ピアノ関連で面白い試みの和書がたくさん出版されている。
まぁほとんどが、岡田暁生さん関連。
面白い試みだからこそ、細部をしっかりして、嘘のない様にして欲しい。

ピアノを弾く身体 [単行本] / 岡田 暁生, 近藤 秀樹, 小岩 信治, 筒井 はる香, 伊...
これは、ちょっと残念な部分が多いと思った。
ピアノ弾きからみると、音楽研究者のピアノ経験とか書いてあってもどうしようもないし、役にも立たない。
ハイフィンガー・テクニックが批判されて久しいが、重量(重力)奏法ですべて解決されることでもない。指と身体全体と…結局はバランスが大事。
ヨーロッパでだって昔は指示されていた奏法。
そちらの方が魅力のひきだせる楽曲もあると思う。
ピアノのテクニックに関しては、
ピアノの知識と演奏―音楽的な表現のために (ムジカノーヴァ叢書) [単行本(ソフトカバー)] ...
を読んだ方が良いと思う。

それはそうと、ピアノ弾きから見ても興味深いことはたくさん書いてある。
ただ、こういった試みの本を書くのなら、ピアノ弾きと少しはセッションすれば良いのに、とちょっと思ってた。
それが、次の本で少し実現されたみたい。

ピアノはいつピアノになったか? (阪大リーブル001)【CD付】 [単行本(ソフトカバー)] / 伊東 信宏, 松本 彰, 渡辺 裕, 渡邊 順生, 村田 千尋, S. ギニャール, 岡田 暁生, 小沼 純一, 三輪 眞弘 (著); 大阪大学出版会 (刊)

って、岡田暁生さんだけではなく、いろいろな人たちの共著だけど。

この本は、大阪でおこなわれたレクチャー・コンサートのことをまとめたもの。
もし東京でおこなわれてたら行ったんだけどな。
個人的に、ギニャールさんの書いた部分が興味深かった。
参考にしているのが、エーゲルディンゲルの「弟子から見たショパン」だけなのはさておき、
オペラのベル・カントがピアノにあらわれていることを分析し、
(こういう分析って「絶対」っていうことは不可能だと思うんだけど)
当時のピアノで学生に教え込み弾かせて、付属CDの演奏もステキだということ。

研究者と演奏者のかかわりから何か開かれるはず!!と思っている私にとって、
これはすごく新鮮で嬉しいものだった。

(風邪を引いているせいかまとまりのない文章だけど、勢いに任せてアップ。)
posted by whitedaydreams at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167278314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。